--

--.--

« スポンサーサイト »

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

09.10

« つかかなりとんでますね »

毎日書くって言ってたくせにすでに数週間ほっぽってました。
ごめんなさいー
涼しくなったなーと思ったらまた暑くなってきやがりましたぁ…
暑いよー

妹に亡國覚醒カタルシスってイイ曲だよーと言われるがままにダウンロードしたんですが。(ケータイです
なんか不思議な曲だぁ!アーティストとかも全然知らないんですが。

歌詞メモメモ



嘆キノ壁ハ 積ミ上ゲラレテ
愚カノ神ハ 奉(たてまつ)ラレル

生きるは毒杯 杞憂(きゆう)の苦しみを
飲み干す術を誰が授けよう
太陽に棲むと云う賢者の鷲
羽搏きだけが谺(こだま)する

この双つの眸に宿った
闇と光 その何方で
僕は未来(あした)を
見つめるべきなのだろう

渇き切った瓦礫の街
点と線を繋ぎ合わせ
意味など無い事ばかり
溢れてゆく

炎のごとき孤独
抱く體(からだ) 鎮めては
暗渠(あんきょ)へと滴ってく雫

掲げる毒杯 この生は満ちても
焦がれる死の夢は流れ着く
砦に喰い込む爪 孤高の鷲
羽搏きだけが舞い上がる

あの蒼穹に磔刑(たっけい)にしてくれたまえ
天と地が結ぶ場所に僕は立つ

花実のような記憶たちは
焼かれ爛(ただ)れ抜け殻だけ
あの日の魂は
何処へ行ったのだろう

冷たい膚(はだ) 寄せて触れて
胸の傷と傷を合わせ
再び辿るべき地図
ここに刻む

世界は見えぬ翼
その黒影(かげ)に隠された
純白の一羽(ひとはね) 射止めよ

生きるは祝杯 口移しの快楽(けらく)
渇く嗤(わら)いも息も絶え絶えに
まぐわいあう慰みの掌に
虚しさだけが脹らんで

ああ玉砕と美しく散りゆくならば
恍惚の先にはまだ君が居る

嘆キノ壁は 突キ崩サレテ
愚カノ民ハ 鏖(みなごろ)サレル

生きるは毒杯 愛する哀しみを
飲み干す術を誰が授けよう
月下に眠ると云う静かの鷲
啼き声だけが舞い降りて

掲げる祝杯 わが生は満ちても
果敢ない死の遊戯は果てもなく
砦に喰い込む爪 孤高の鷲
羽搏きだけが舞い上がる

あの蒼穹に磔刑にしてくれたまえ
罪と罰を生む時代(とき)を僕は視る



なんかステキですねぇvv
なんかゲーム?の曲みたいですけど。そうなんでしょうか?

てかかなり雷鳴ってる!!近いー
最近災害が多いんです。街まで行く道が2本しかないのに、一本は高波で崩落して(それはもうアビスのごとく)(かなり家から近い)、もう一本は現在進行形で少しずつ崩れてる土砂崩れで片面通行。
隔離されるのも時間の問題です泣

さて、課題やろうかゲームやろうかパソを続けるか…(迷うな)
スポンサーサイト

未分類トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

trackback

この記事のトラックバックURL


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。